超硬に対して真剣に取り組むことにしました

現在あるメーカーに勤めているのですが、私自身としては今後超硬を真剣にやっていこうというように決めました。

超硬についての技術というのは非常に高いものが求められているため、今は数人の先輩たちだけがやっています。

自分にとってはまだまだ難しい技術ではあるのですが、これから取り組んでいけばいつかはものになるのではないかな?と思っています。